フォト
無料ブログはココログ

ファッション・アクセサリ

2020年6月25日 (木)

銀製の鈴 『 打出の小槌・木目 』 (シルバー925) 根付・帯飾り

うちぃ~でぇのぉ~こぉ~づぅちぃ~~!!(^O^)

はい、〇〇エモン風に言ってみました。(^-^;

だってねぇ、打出の小槌って、

振り振りすると欲しい物が何でも出てくるそうじゃないですか?

〇〇エモンのポケットみたいだと思いません?

で、思わず〇〇エモンになり切って言ってみた...みたいな。(^^ゞハハッ


さて、打出の小槌と言えば?

そうそう、七福神の一人である大黒天様が持っていますよね。

富をもたらす象徴です。

あとほら、あれですよあれ...皆さんご存知のおとぎ話。

そう! 一寸法師!

姫を襲った鬼を退治して打出の小槌を手に入れて...

って... (゜.゜)あれ?

打出の小槌はもともと鬼の物?

大黒天様が持っているのはなぜ? (?_?) (?_?) (?_?)

で、調べてみました。  その結果は...

『古来、多々の宝物のひとつで、もともと鬼の持ち物』

簡単に言ってしまえばそういうことなんだそうで... ?┐(´д`)┌?

大黒天様が持っている理由も... ?┐(´д`)┌?

あ、そうそう、平家物語には、鬼の持った打出の小槌が出てくるそうな。

もともと竜神様の持ち物、という説もあったりなんかして... ?┐(´д`)┌? 

ま、昔話の “なぜ?” を調べても、キッチリとした結果には行きつかない、

無理がある、ってことなんですよねぇ~...想像の賜物ですものね。(^-^)

とは言っても、打出の小槌は万能最強の縁起物! ではないかと。(-_-)ウンウン

そんな『打出の小槌の鈴』作りましたぁ~!(*^^)vイエ~イ‼

Cocolog91_20200625142201

木製の小槌を参考に作りました。

置物にされている方もいらっしゃいますよね。


木目の表現、かなり頑張ってます。(汗)

写真では光ってしまって分からないと思いますが、

燻し加工した黒い木目と木目の間、ここにも薄っすら木目が入ってます。

Cocolog92_20200625142201

鼓口の切り方が普通の鈴とは違ってますでしょ?

小槌の持ち手部分があるので、普通の鼓口を切れなかった、

ということもあるんですけど、

できるだけ小槌っぽさを壊したくなかった、みたいな。

そんなこんなで鼓口の切り方を例によって2回失敗しました。(^-^;ハハッ

でもでも、この鼓口の切り方が意外な音を...。(^.^)


※ You Tube で音色をお聞きください。
  いわゆる一般的な “鈴の音”♪チリンチリン♪ とは違います。
  鈴としては成り立っていない音?のような気も...。
  だからこれを “鈴” と言っていいのかどうなのか...。
  えぇ~と...どんな音かというと...何と言ったらいいのか...
  小槌から何かポコッと出てくるような音? なんてね...(^^ゞヘヘッ
        ↓
  ♪ https://youtu.be/_lTiV_DK-uY ♪


※録音された音ですので、実際の音とは若干異なります。


金運アップ、福を呼び込む縁起物。

小槌を振りながら願い事をすると良いそうですよ!(^^♪

おひとついかが?!(^-^)




● 仕様 ●
素 材: Silver925(本体・中の玉)
大きさ: 縦約30mm(丸カン含まず)
     横約19mm(最幅部)
     胴幅約15mm(最幅部)
重 さ: 約17g
燻し加工有り




ハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入|iichi (いいち) に出品中
https://www.iichi.com/listing/item/1872620

2020年6月12日 (金)

銀製の鈴 『 8分音符 』 (シルバー925) バッグチャーム・ペンダントトップ

以前、卓上の鈴『8分音符』をご紹介したことを憶えていらっしゃるでしょうか?

えっ? そんなのあったっけ? とおっしゃる方もいらっしゃることと思います。

そりゃぁそうですよね...あれから8ヶ月も経っていますもの...(汗)

で、ですね、その卓上の鈴を作ったときにですね、

すぐに小型の8分音符の鈴を作ろうぉ~っと!( ̄▽ ̄)

なぁ~んて...お気軽に思っていたんですね...

単純な形だし、簡単にできると思っていたんですよ...

ところがなんです... できないんですわ...(汗)

2連続の失敗をしまして...(:_;)

今までご説明してきたと思いますが...

新しい形の鈴を作ろう!ってことになると、

作りの最後の最後にならないと音が出るか分からない...

鈴って...そういうものでして...。

はい...2連続でまともな音が出ず...潰しに...(T_T)

で... じゃっかんの ZASETU_| ̄|○ を感じまして...。

で... よしっ、しばらく間を取ろう! ってことに...。

で、今に至る、 という次第で...(^-^;ハハッ

Cocolog81_20200611170701

空洞の中に玉を入れさえすれば音は出るぜぇ~。 ( ̄ー ̄)フンフンフフ~ン♪

なぁ~んて...そんなふうに思ってしまった単純な形。

みなさんもそんなふうに思いませんか?

ところがどっこい! な形でしたわ...はい...(汗)

Cocolog82_20200611170701

実はですね...2連続の失敗をしても原因がハッキリ分からんのです。

少ない脳みそをフル回転させて原因究明しようとしたんですけど...

分からん...ε-( ̄ヘ ̄)┌

今もってハッキリ分からんのです。(^-^;ハハッ

で、今回の3回目、原因がハッキリ分からぬまま、

なんとなぁ~く “こうなんじゃないか?” みたいな、

そんな感じで作ってみたらうまくいった、みたいな。

職人の“勘”みたいなやつですかねぇ~...(^^ゞヘヘッ

ま、3度目の正直、とも言いますしね。( ̄▽ ̄)ハハッ

でね、今回最も感じたのは、“間”を取ることの大切さ、ですね。

ま、長すぎる“間”ではあったかもしれませんけど、

その“間”があったからこそ、

なんとなぁ~くうまくいった、のではないかと。

音楽も“間”が大事ですものね。♪(^.^)フフッ



あ、そうそう、 “間”と言えば...

外出したら、できるだけ人との“間”は2mとりましょうねぇ~!(^-^)



※ You Tube で音色をお聞きください。
  可愛らしぃけど落ちつきのある?
  そんな音色になったような...気がするんですけど。(^^ゞ
        ↓
  ♪ https://youtu.be/3EQ3oV1LWcI ♪


※録音された音ですので、実際の音とは若干異なります。


● 仕様 ●
素 材: Silver925(本体・中の玉)
大きさ: 縦約36mm(バチカン含まず) 横約16mm(最幅部)
     厚約14mm(符頭最厚部)
重 さ: 約10g




ハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入|iichi (いいち) に出品中
https://www.iichi.com/listing/item/1863367

2020年6月 4日 (木)

銀製の鈴 『 酒瓢箪 』 (シルバー925) 根付・帯飾り

瓢箪は種を取り出して乾燥しただけでは水漏れしてしまう! (゚Д゚;)エエッ?

これ、知ってました?

瓢箪水筒を作ったことがある方はご存じかと思います。

って ...そうそういらっしゃらない? ですよねぇ? (^-^;

水漏れを防ぐためにはどうしたらいいのか?

これ、内側を柿渋でコーティングするんです。

今はシリコン系防水材などを使用することが多いそうです。

さて、酒瓢箪。

今ではお祝いなど、贈答用に使われることが多いようで、

ピッカピカに塗装されたキレイな瓢箪にお酒を入れて売られています。

塗装された瓢箪は、まず間違いなくシリコン系防水材などが使われています。

それはなぜかというと、柿渋コーティングは完全防水ではないからです。

日本酒が微妙に少しづつ瓢箪に吸収されていきます。

それでは売り物にするにはちょっと、ですものね。

日常的に瓢箪で一杯やる方もいるようです。

そんな方たちが愛用している瓢箪は、まず間違いなく柿渋コーティングです。

瓢箪の風味がほんのりと日本酒に移るのだそうです。

で、飲んで飲んで使いこんでいきつつ磨きつつ ...

すると、瓢箪本来の生地が活きた “色艶” が生まれてきます。

色艶を出すために糠袋で磨く方もいらっしゃるのだとか。

愛用の酒瓢箪を “育てる” 感覚なんだそうです。

そんな酒瓢箪 ...私も、育てました! (*^^)v

あ、いや、育て作った?みたいな? そんな感覚ですかね。 (^.^)フフッ

Cocolog71_20200602151001

瓢箪本来の縦スジ、あるんですけど ...分かりますかねぇ?

写真だとちょっと分かりづらいかなぁ~ ...

もうちょっとハッキリ入れれば良かったのかも ...

あ、でも、ハッキリ入れすぎると磨き込んだ感がなくなるし ...(~_~)ウ~ン

ま、いづれにしましても ...

この鈴も日常的に使っていただきたいなぁ~、と。 (^.^)

Cocolog72_20200602151001

紐が大変だったんです ...特に結び目が ...(汗)

ま、紐を表現する時って、いつもけっこう大変なんですけどね。(汗)

できるだけ立体的に、ホントに結んであるように表現した、つもり ...(^-^;

銀線をクネクネっとして本当に結んだ部分もあるんですよ。

さて、どこでしょう? ( ̄ー ̄)フフッ




※ You Tube で音色をお聞きください。
  この鈴の音色を聞かせて醸造すれば ...
  きっと美味しい日本酒ができる!(・∀・) かもしれない ...(^^ゞ
        ↓
  ♪ https://youtu.be/-sPgxwJM_Jk ♪


※録音された音ですので、実際の音とは若干異なります。


● 仕様 ●
素 材: Silver925
大きさ: 縦約36mm(栓の部分含む) 横約21mm(最幅部)
重 さ: 約23g
燻し加工有り




ハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入|iichi (いいち) に出品中
https://www.iichi.com/listing/item/1856784


2020年5月14日 (木)

銀製の鈴 『 スカル(ドクロ)』 (シルバー925) 根付・ペンダントトップ

スカル、ドクロ ...どちらが ピン ときますか?

おそらく、1960年前後より前に生まれた方は、

“ドクロ” の方が ピン とくるのではないでしょうか?

  それとも “しゃれこうべ” の方が ピン ときたりして? ( ̄▽ ̄)

はい、わたくしは 1960年 生まれ。

30歳頃までは “ドクロ” と言っていました。 (^-^;

アクセサリー業界にいながらにして “ドクロ” と言っていたのです。

それが普通だったから。

それがですね、1990年代に変わり始めたんです。

徐々に徐々に ...業界内でも “ドクロ” から “スカル” へ。

これ、なぜだか分かりますか?

おそらくたぶん、なんですけど ...

アメリカからクロムハーツが入ってきた影響だと思うんです。

1990年、岩手県盛岡市にクロムハーツ正規代理店がオープンしました。

その後原宿店がオープンし、クロムハーツの人気は不動のものになっていきます。

そんなことが起こっていた1990年代。

日本のシルバーアクセサリー業界は、なんとなくクロムハーツ化していきます。

あっちを見てもこっちを見てもクロムハーツっぽい製品ばかり!

当然、“ドクロ” は “スカル” へと変わっていったのでしたぁ~ ... (-_-)ウンウン

ま、どっちでもいいですけどね。

ただ単に英語に言い換えただけだし。

“スカル” と言った方がなんとなくオシャレっぽい? のかも。

なんとなくスマートな言い方? みたいな気はします。 (^.^)

さてさて、そんな “スカル” が鈴になりました!

ベル はありましたが、鈴はなんと業界初!! たぶん ... (^-^;

Cocolog61

縁起の悪いものを作ったなぁ~、と思う方もいらっしゃると思います。

そう、たしかに世界的にも 『死』 や 『不吉』 の象徴とされています。

が、でもでも、『命の器』 とも云われ、 『再生の象徴』 ともされているのだそうです。

仏教においても、ドクロは 『無常』 永遠に変わらないものはない、

という真理を表すものとされ、

人の命の大切さを表す縁起の良いものとされているのだそうです。

宗教によっては、神聖な儀式の装飾品として使われることもあり、

これは魔除けの意味が強いのではないか、と云われています。


さてさて、この 『 スカルの鈴 』。

実はですね、実は ...

音が出る自信がほぼない状態で作ってました。

たぶん音は出ないんじゃないか ...バランスが悪すぎるし ...

音が出なかったら ...潰す!! (T_T)

そんな気持ちを抱きながら、よくまぁ頑張って作ったと思っています。

ま、希望よりは小さい音になってしまいましたが、なんとかかんとか、

シャランシャラン的な? 品のある音色を奏でてくれました。

ほんとヨカッタです。 (・。・)ホッ

自分で言うのもなんですが ...

なかなかキレイな “スカル” になったのではないか、と。 ヾ(´ε`*)ゝヘヘッ

いかがでしょ? (^.^)

Cocolog62

※ You Tube で音色をお聞きください。
        ↓
  ♪ https://youtu.be/conJg55ak7Q ♪


※録音された音ですので、実際の音とは若干異なります。


● 仕様 ●
素 材: Silver925(本体+中の玉)
大きさ: 縦約28mm(バチカン丸カン含まず)
     横約20mm(最幅部)
     厚約22mm(頭部)
重 さ: 約30g
燻し加工有り




ハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入|iichi (いいち) に出品中
https://www.iichi.com/listing/item/1841016

2020年4月23日 (木)

銀製の鈴 『 鳩 』 (シルバー925) 根付・バッグチャーム

いっせいに解き放たれるたくさんの鳩。

オリンピックなどの平和の祭典には欠かせない演出ですよね。

そう、鳩は平和の象徴です。

旧約聖書に記されているノアの箱舟のお話、ご存じですよね?

箱舟から放った鳩がオリーブの枝葉をくわえて戻ってきたことで、

水の引けた土地があること、洪水の終わりが近づいていることを知った、

そんなお話です。

詳しく知りたい方は、ぜひ 『 ノアの箱舟 』 で検索して調べてみてくださいね。

現代社会にも通じるお話だと思います。


さて、『 鳩 』。

とても穏やかな性格で 『 鳥類の羊 』 とも言われています。

そして鳩は ...なんと! 完全一夫一婦制! なんです。

絶対に浮気をしない鳥と言われているんですよ!

まるで僕みたいです。 ヾ(´ε`*)ゝヘヘッ

            ホントかなぁ~ (?_?)

うん、たぶんおそらくだいたいホントだと思うけど ...。 (^-^;ハハッ

Cocolog51

卓上用として使ってもなかなかイイのではないかと。

そうですねぇ ... (゜.゜)

うん、そう、近年ではインテリアとして飾られていることの多い、

デコイのような? そんな雰囲気がありますね。 (^.^)

あ、“デコイ” って、分かります?

狩猟に使われる “おとり” のことです。

鴨類のデコイが飾られているのを見たこと、ありますでしょ?

喫茶店などに飾られていることも多いようです。

我が家にも3羽のデコイが飾られています。 (^.^)

あ ...そうか ...

今度は鴨の鈴を作ってみるってのも ... ( ̄ー ̄) イイカモ

Cocolog52

※ You Tube で音色をお聞きください。
  平和な音色? かも ... (^^ゞヘヘッ
        ↓
  ♪ https://youtu.be/BbjtvRQV634 ♪


※録音された音ですので、実際の音とは若干異なります。


● 仕様 ●
素 材: Silver925(本体+中の玉)
大きさ: 体長約40mm(嘴~尾羽)
     高さ約25mm(底部~頭部)
     胴幅約18mm(最幅部)
重 さ: 約30g
燻し加工有り




もはや箱舟が必要なのか!?と思うほど、

新型コロナウィルスの大洪水に見舞われている地球。

できうる限り早く、青い空に平和の鳩が解き放たれることを願っています。

皆様、十二分にお気をつけてお過ごしください!






ハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入|iichi (いいち) に出品中
https://www.iichi.com/listing/item/1819610

2020年4月 9日 (木)

オーダー!『 BABY SPOON 』 銀製(シルバー925)

いやいや、ホント久しぶりの制作でした。

何年ぶりだろ...(゜.゜)?

と思い、昔々の黄ばんだデザイン資料をあさること1時間...

あったぁ~!ヽ(^o^)丿

日付を見ると...なんと18年前!(◎_◎)

当時作っていた BABY SPOON は卸し用に制作していました。

卸し用とは言え、銀板からトンカントンカンやって作る完全手作り品。

基本の形は1種でしたが、卸し屋さんからアレンジの要請を受け、

何種類もの BABY SPOON を作っていました。

その後その卸し屋さんは倒産...

で、なんとなぁ~く作らなくなって...

18年たっちゃった...みたいな。

あ、 はい、 そうそう...

自分の孫が生まれたときにも作ろうとは思わなかったんですよねぇ...(゜.゜)?

思い浮かばなかった、ちゅうか...(^-^;

ま、今さら作ってもしょうがないので作らないですけど。(^.^)

さて、BABY SPOON から遠ざかって18年のそんな僕のところに、

今年3月、なんと BABY SPOON のご注文が!!

お孫さんがお生まれになり、プレゼントされる、とのこと。

デザインをふたつ描き、選んでいただき、制作を開始しました。

で、できあがった ♡ BABY SPOON ♡ がぁ~~、これっ! 

Cocolog3

1番の特徴はやはり持ち手の部分でしょうか。

なんとなぁ~く♡オープンハート♡...みたいな。(*^_^*)

可愛いでしょ? (^^ゞヘヘッ

でもね、このオープンハート形、

可愛いからこの形になったわけじゃぁないんです。

持ちやすさを考えてこの形になったんです。

ただ丸くなっている持ち手は持ちづらいんですよね、赤ちゃんにとっては。

この形ならば赤ちゃんの指がかかりやすい、そして支えやすい。

そんな持ち手です。(^.^)

さて、次の特徴は...

えぇ~と、ちょっと写真だと分かりづらい、 かも...。

すくう部分、口に入れる部分、なんですけど、

両サイドになだらかな土手があるのが分かりますか?

これ、スープなどがこぼれづらくなる工夫なんです。

もちろん、先端部分に土手はありません。

あ、そうそう、このすくう部分、実はけっこう小さめなんです。

一般的な市販品の BABY SPOON は大きすぎます。

実用としてではなく、見栄え、飾っておく縁起物、的な考えからすれば、

その方が良いのだとは思いますけどね。(^.^)





久々に制作する機会をくださったご依頼主のM様、

18年前の自分を振り返る良い機会にもなり、楽しく制作することができました。

本当にありがとうございました!! <(_ _)>

2020年4月 2日 (木)

オーダー!『 地域限定!な鈴 』 です。(^.^)

問題です!ヽ(^o^)

下の写真の鈴...

どこかの県の、灯台のある風景、

そして漁港の衛星写真をレリーフで表現したものです。

さて、何県のどことどこでしょうぉ~~っか?( ̄ー ̄)

チッチッチッチッチッチッチッチ...

Cocolog25

チッチッチッチッチッチッチッチ...

って!! わかるかぁ~い!!( `ー´)ノ


で、ですよねぇ~...(^-^;ハハッ

東大王の方達でも分からないですよね。

ではヒントを... 下の写真をご覧ください。

Cocolog26

楕円形の中に櫂がのっています。

櫂があるってことは...この楕円形は...舟?

特徴的な形の舟...まるで“たらい”のような...

そうです! たらい舟!(・∀・)

ってことは...そうです! 新潟県は佐渡島ぁ~!!( ̄▽ ̄)


はい、ご依頼主様はもちろん佐渡の方。

上写真左の鈴は、島の南西、小木半島突端に立つ沢崎鼻灯台です。

ご依頼主様のお父様は画家で、この灯台の立つ風景を好まれ、

よく描かれていたのだとか。

この鈴はお父様へのプレゼントにされるそうです。(^.^)

右の鈴は、佐渡の南端にある小木漁港。

ご依頼主様の出身地、ご実家がある地です。

かの昔、佐渡の金銀はこの小木湊から出雲崎に渡り、

信濃国を経て江戸や駿府に運ばれたのだとか。

この鈴はお母様へのプレゼントにされるそうです。(^.^)



さて、まずは六角形の鈴をご紹介します。

この鈴、片面は小木漁港、もう片面は桜モチーフになっています。

小木地区に『御所桜』と言われている、国指定の天然記念物の桜があります。

承久3年(1221)に佐渡配流となった順徳上皇の御手植えとされるものです。

いちおうではありますが、その桜をモチーフにしました。

Cocolog21_20200331114801

はて? なぜ六角形にしたのか? ですが...

小木漁港の形が六角形に見えたからぁ~! です。( ̄▽ ̄)

ほら、六角形にイイ感じに収まっていますでしょ?(^.^)

Cocolog22_20200331114801

この鈴、最終的な仕上がりの美しさを考え、蝋材を彫塑し、鋳造にて成形しました。

その判断は間違っていなかったのですが、とにかく彫塑が細かく、

漁港の細い線などは、彫塑途中で崩れてしまうのです。(汗)

桜の方は桜の方で、どうレリーフで表現したら良いのか悩みました。

植物をレリーフで表現することの難しさを感じた次第です。

で、結局...彫塑...2回やり直しました...(^-^;

●仕 様●
素 材: Silver925(本体・中の玉)
大きさ: 縦約22mm(バチカン丸カン含まず) 横約19mm 厚約11mm
重 さ: 約19g
燻し加工




さてさて、次は“たらい舟”の鈴をご紹介します。

現在でも実際に漁に使われているたらい舟。

丸型のものもあります。

観光に訪れた方達に、“たらい舟体験”もあるそうです。

安定が悪そうに見える舟ですが、そうでもない、とのこと。

佐渡に行ったおりには、ぜひ体験してみたいものです。(^^♪

沢崎鼻灯台の下には、海底火山の噴火によってできた溶岩台地が広がっています。

荒々しい迫力のある地形です。

『沢崎の灯台に身をなぞらえてはし鷹立てり一つの岩に』

歌人・与謝野晶子がこの灯台のことを詠んだといわれています。

Cocolog23_20200331114801

鈴は、中の玉が動く空間がどうしても必要なので、

いたしかたなく、たらい舟の乗る部分を浅くし、空間を作りました。

櫂は実際のものよりちょっと大きめな感じにしました。

その方が、“櫂”だとよく分かるのではないかと思いまして。(^.^)

Cocolog24

この鈴も、最終的な仕上がりの美しさを考え、蝋材を彫塑し、鋳造にて成形しました。

ただ、蝋材彫塑では難しい部分が2ヶ所あったんです。

櫂と灯台です。

櫂は地金切り出しの成形で加工し、後付けにした方がより立体感が出ます。

それは最初から想定済みだったのですが...

灯台は蝋材彫塑でいけるとばかり思っていたのに...四苦八苦。(汗)

細かい部分がどうしても ポロッ ポロッ (T_T)

で、結局、地金切り出しの成形で加工しました。

そんなこんなで...彫塑...3回やり直しました...(^-^;

●仕 様●
素 材: Silver925(本体・中の玉)
大きさ: 縦約20mm(バチカン丸カン含まず) 横約25mm 厚約12mm
重 さ: 約25g
燻し加工




蝋材彫塑による細かなレリーフ表現...ホント難しかったです。(汗)

風景をレリーフで表現するのも初めてのことでした。

小さなたらい舟に施した細かな彫塑もなかなか大変な作業でした。

でも、でもでもでも、 ほんとぉ~~~~に勉強になりました!

すんごぉ~~~~く良い経験となりました!

そんな機会を与えてくださったご依頼主のH様に感謝です。

本当にありがとうございました!! <(_ _)>

2020年3月18日 (水)

オーダー! 『 猫のマネークリップ 』 銀製(シルバー925)

え? “猫のマネークリップを見つけて販売サイトにたどり着いた” と。

(゜.゜)
はて、今まで猫のマネークリップは2個作ったことがあるけど...

どっちの作品を見つけてくれたんだろ?(゜.゜)

で、 “同じような作品を作って貰うことはできますか?” と。

はい!! もちろんできます!!( ̄▽ ̄)

私が以前作ったマネークリップをWeb上のどこかで見つけ、

お問い合わせいただきました。

広ぉ~~いWeb上で見つけていただき...そしてオーダーしていただく...

なんだかすんごく嬉しいです。(^^♪

あ、ちなみに見つけていただいた作品は、5年半ほど前ココで紹介したものでした。

よろしければご覧くださいませ。
http://accessorykiralist.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-84b4.html


最近は鈴の制作ばかりしていますので、久々のマネークリップ制作です。

まずは手に感覚を思い起こさせる作業から始めました。

ん? “作業”? ではおかしいか...実際に手を動かすわけではないし...

えぇ~と...何と言えばいいのか...(゜.゜)?

以前作ったときのこと、作業手順とそれぞれの所作を思い出しつつ、

その感覚を手に落とし込む...みたいな?(゜.゜)?

言わんとしていること、 なんとなく解ります? よねぇ?

ま、いいか...(^-^;ハハッ


“猫が星を捕まえている感じで” とのお客様のご希望を盛り込んで制作しました。

Cocolog381

星がほしいにゃぁ~! って感じでしょうか。

ま、つまらないシャレはさておいて...(^-^;ハハッ

なかなか動きのある猫ちゃんになったと思っております、はい。

遊び盛りの子猫ちゃんが一所懸命じゃれついている☆

そんな感じですかねぇ~(=^・^=)ニャッ

Cocolog382

● 仕 様 ●
 素  材: Silver925
 大きさ: 縦約53mm 横約13mm 高さ約21mm(最高部)
 重 さ: 約35g
 燻し加工あり




納品後、お客様からこんなご感想をいただきました。

『手に持つと、あったかいというか...手作りって本当良いですね』

『久々手作りの良さを実感しました。作りが良すぎて使うのが勿体ないくらいです』

いやいや...ホント...もったいないお言葉...ありがたいです。

こういったご感想をいただいたとき、身の引き締まる思いがします。

職人冥利に尽きる気持ちにもなりますが、

本音を言えば、職人です!と胸を張って言えない自分も見えてきます。

そんな自分の尻を蹴っ飛ばし、これからも試行錯誤しつつ、

品質向上に努め、より良い作品を作っていこう!と、改めて思った次第です。

N様、この度は本当にありがとうございました!!<(_ _)>


2020年3月 5日 (木)

オーダー! 『 ぶじカエルの鈴 』 銀製(シルバー925)・七宝

I 様からご依頼をいただいたのは昨年の暮れのこと。

で、 そのイメージを伝えてきてくださいまして ...

『 丸ではなく、八角の側面の、カエルちゃん 』 とのこと。

ん? んん? んんん? (゜.゜)? ...

えぇ~と ... 『 八角の側面 』 ってことは ...あの鈴 か ...

で、 『 カエルちゃん 』 ってことは ...あの鈴 だよなぁ ...

うぅ~~む ...どうしたもんか ...

ふたつの鈴の特徴を併せ持った鈴 ...うぅ~む ...


実は、このオーダーをいただく前のこと、

I 様にはふたつの鈴をお買い上げいただいていたのです。

銀製の鈴 『 四十八面体 』 (シルバー925) と、

銀製の鈴 『 ぶじカエル 』 (シルバー925+七宝)。

このふたつの鈴、妹さんとお母様にプレゼントされたのだとか。

で、 今度は自分用に、 と。

で、 自分用はふたつの鈴を合わせたような、

『 丸ではなく、八角の側面の、カエルちゃん 』

ってことになったそうで ...


銀製の鈴 『 四十八面体 』 (シルバー925)
Cocolog393

銀製の鈴 『 ぶじカエル 』 (シルバー925+七宝)
Cocolog394

このふたつの鈴を ...どうしたらいいもんだか ... ウ~ム

どう組み合わせたら ... ウ~ム

ん? 組み合わせる? ... 合体? させる? ...

(・∀・) オオッ! そうだそうだ! 素直に合体させてみよう!

で、絵に描いてみると... (^-^)

で、その絵を I 様にお見せし、OKをいただき...

で、出来上がったのがぁ~! この鈴!  

Cocolog391

いかがでしょ? 素直に合体させた鈴。

え? 安易な合体? ...ん~~ そうとも言う... ハハッ

Cocolog392

側面は32面体、半分の16面はヘアーライン仕上げにしました。

全ての面を燻し加工にするよりも明るい感じになり、

ちょっとオシャレな雰囲気になったのではないか、と。 (^^ゞヘヘッ



※ You Tube で音色をお聞きください。
          click ‼
 ♪ https://youtu.be/LQ69McOxbnk ♪

 ※録音された音ですので、実際の音とは若干異なります。


● 仕様 ●
素 材: Silver925 七宝
大きさ: 縦横約21mm(バチカン丸カン含まず) 厚約14mm
重 さ: 約21g
燻し加工有り



I 様、この度のご注文、本当にありがとうございました!!

今回のように、異質な雰囲気のふたつの鈴を合体させることは、

通常なら避けて通るようなことですので、今まで考えることはありませんでした。

それでもうまくいってしまうこともある! そんなことに気づかされました。

新たなる発見です。 ありがとうございました。( ̄▽ ̄)

2020年2月27日 (木)

銀製の鈴 『 千鳥 』 (シルバー925) 根付・帯飾り

日本の伝統模様のひとつ『千鳥』。

今回はその千鳥の鈴の2作目、そのもの1羽の鈴を作りました。

1作目は千鳥を何羽もあしらった“千鳥模様”の卓上の鈴です。

あれ? そう言えば...何羽あしらったかしら?(゜.゜)

忘れちゃいました...(^-^;ハハッ

ありがたいことに、実物がもう手元にはないもんで。( ̄▽ ̄)

ん? あ、そっか、以前の記事を確認してみればいいのか!


  ( ただいま確認中...)


12羽でした!(^.^)


千鳥って、通常は何羽も描いた“千鳥模様”として用いられていますよねぇ?

そんな千鳥を1羽で作ってどうなんだろう?

1羽でも可愛いのかな?

いや、やはり何羽もの“千鳥模様”だからこそ可愛いのでは?

とりあえず描いてみた1羽の千鳥のデザイン。

ま、可愛い、かも...。

でも、でもでもでも、やはりそれは千鳥模様の中の1羽にしかすぎないのでは?

あぁ~~!! わからん!!(;´Д`)

もうどっちでもいいや!! とりあえず作ってみんべえ~!!(^O^)/オー!

ってことで...あやふやでウダウダな気持ちながらも制作を開始...

で、出来上がったのがぁ~、これ!

Cocolog371

『おおっ!1羽でもけっこう可愛いじゃん!』 が、作者の感想。(^^ゞヘヘッ

みなさん、いかがでしょ?

ロゴマークっぽい感じ?ですかね。(^.^)


さて、この鈴、表裏はありません。

趣の異なる千鳥を両面にあしらいました。

けっこう雰囲気違いますよね?

あれ? じゃぁ2羽?(^.^)

Cocolog372

※ You Tube で音色をお聞きください。
  千鳥1羽か2羽っぽい音色です ♪ なんじゃそりゃ?(^-^;
          click ‼
 ♪ https://youtu.be/cQCd5MPpgCg ♪

 ※録音された音ですので、実際の音とは若干異なります。


● 仕様 ●
素 材: Silver925
大きさ: 縦約17mm(バチカン丸カン含まず) 横約22mm 厚約9mm
重 さ: 約12g
燻し加工有り



ハンドメイド・クラフト・手仕事品の販売・購入|iichi (いいち) に出品中
https://www.iichi.com/listing/item/1779616

より以前の記事一覧